ガジェット・家電

【周辺機器/アクセサリー】Macbook Pro/Air におすすめの便利グッズ!

こんばんは。みしゅまるです。

スタイリッシュな見た目と、その圧倒的な操作性から年々シェアを伸ばし、増え続けているMacユーザー。

僕も高校生の時に、ただただオシャレという理由だけでMacbookを購入し、その魅力に取り憑かれ、それ以来Macを使い続けています。

今回は、かれこれMac歴は10年を超え、3代目のMacを利用中の僕がおすすめのMacbookと一緒に使いたいグッズを紹介します。

薄くて使いやすいスリーブケース

Macbook(Air/Pro)のいいところのひとつは持ち運びのしやすさだと思います。

外のカフェで作業するときの相棒として、連れて行く機会も多いので、傷がつかないようにMacbok本体を守ってくれるスリーブケースは必須です。

このスリーブケースは、Macbokに似合うシンプルでマットなデザイン、撥水・軽量という機能性、どちらの意味でも非常に使いやすく気に入っています。

充電器やUSBハブ、外付けのSSD等を入れるのにちょうどよい大きさのサイドポーチも付いてきます。

どのケースを買おうか悩んだら迷わずおすすめできるケースです。

Moshiのキーボードカバー

カフェ等で作業したりすることも多いと、飲み物や食べこぼしが心配になるんですよね。

加えて、Macbok Air/Proで採用されているバタフライキーボードは基本的に分解して洗うことができないので、ホコリや手の脂による汚れも気になります

そのまま使うのが心配なので、キーボードカバーは必須なのですが、特におすすめなのがMoshiのキーボードです。

キーボードカバーにしては3,000円以上するので、多少割高な部類になるのですが、納得できる品質です。

その薄さはなんと0.1mmと非常に薄いです。

さらに、キーボードにフィットしやすい構造(キーボードの上と下に密着用の溝が付いている)になっているので、打鍵中に浮いたりズレたりしないところも気に入っています。(下の赤線の部分に溝が入っています。)

フリップスタンド:Bluelounge Kickflip

Macbook Air/Proはコンパクト設計を重視した結果、構造上熱を持ちやすいという特性もあります。

PCの下に隙間を作ることが出来るPCスタンドを使うことで、発熱を軽減出来る上、打鍵時の手首の負荷も低減することができます。

こちらのフリップスタンドは直接Macbokの背面につけることができるので、持ち歩きの際も違和感なく持ち運びできます。

USB Type-Cハブ:Satechi Type-C アルミニウム Proハブ

外部入出力や給電がUSB Type-C規格に統一されていますので、Type-C以外のインターフェイスを使うにはハブが必要になります。

今回おすすめしたいのは、ポート数も十分な以下の7ポートを備えており、なんと言ってもMacbook AirやProに馴染むデザインが良いですね。

  • USB Type-C PD充電ポート×1
  • USB Type-Cポート×1
  • USB3.0ポート×2
  • HDMI
  • SDXCスロット
  • Micro SD/TFスロット

その他にも、目的別におすすめのType-Cハブは以下にまとめているので、参考にしてみてください。

Macbook/Pro/AirにおすすめのUSB Type-Cハブを紹介!こんばんは。みしゅ丸です。 最近12インチのMacbookに買い替えました。 そこで地味に困ったのが、USB Type-Cポートが一...

軽量・コンパクトなUSB-C充電器:Anker PowerPort III mini

外出時に携帯するには、少し大きく重たく感じるMacbookの純正の付属充電器ですが、そんな方にはこちらの充電器がおすすめです。

重さはたったの63gで、プラグも折りたたみ式でコンパクトにまとまるのが嬉しいです。

(意外と、コンパクトな充電器はプラグが折り畳めないものも多かったりします。)

出力が30Wなので、Macbook Airや12インチのMacbookを使っている人には十分ですが、Macbook Proを利用中の方だと少し充電が遅く感じるかもしれません。

USB-Cケーブル:Anker PowerLine III

持ち歩きの際は、コンセントの位置が近くにあるとは限らないので、1.8mと長めのケーブルも持ち歩いています。

AnkerのケーブルはiPhoneのライトニングケーブルも持ち歩いていますが、折り曲がり痛みやすい根っこの部分も丈夫で長く使えるので重宝しています。

Macbook(Air/Pro)のモバイルバッテリー:Anker PowerCore+ 26800

Macbook Air/Proも安心して充電できる26,800mAhもの大容量を備えているモバイルバッテリーが「Anker PowerCore 26800」です。

Macbook Proの満充電でも耐えられるレベルの容量で、iPhone 11 Pro を6回充電できる大容量です。

この大容量にも関わらず重さは580gという軽量も実現しており、ポータビリティにも優れています。

出力は45Wなので、Macbook、Macbook Airには十分、Macbook Proでもモバイルバッテリーという用途を考えると十分でしょう。

長時間外での作業を予定しているときは、これを持ち運びますが、MacbookもiPhoneも充電を心配しなくて良いのでおすすめです。

ちなみに、同じ容量の製品にPowerCore 26800というのがあります(”+”がついていない)が、こちらはUSB-Cポートが付いていないので注意が必要です。

PD対応USB-Cポート(最大45W出力)を利用したい場合は「PowerCore+ 26800」を間違えず購入しましょう。

マウスはこれ一択:Apple Magic Mouse 2

Apple Magic Mouse 2 - シルバー

Apple Magic Mouse 2 – シルバー

Amazonの情報を掲載しています

そもそもMacbook(Air/Pro)の場合は、トラックパッドのユーザビリティが非常に優れているのでマウス自体が不要という考え方もあると思います。

僕も、最初は使っていませんでしたが、なんだかんだ、資料を作ったりするときにマウスがあったほうが便利に感じることも多くなったので、Magic Mouseを結局購入しました。

マウスの操作感(移動のスムーズさ)に加え、トラックパッドに慣れている人に嬉しいマルチタップによるアクションも非常に秀逸で、一度使い始めると必需品になります。

マウスのサイズも非常にコンパクトなので、持ち運びにも適しているのも嬉しいポイントですね。

Apple Magic Mouse 2 - シルバー

Apple Magic Mouse 2 – シルバー

Amazonの情報を掲載しています

自宅で作業する用のディスプレイ:PHILIPS モニター 241E9/11

自宅で作業をする際は、なんだかんだ大きいディスプレイで作業をしたい派の人間なので、ディスプレイは購入しています。

脚の作りも含めて、ベゼルも薄くスタイリッシュな印象で、画質・色味も非常に良いので気に入っています。

価格も安価なので、モニターにそこまでこだわりも無く、とりあえず買ってみようかなという人にもおすすめです。

快適な打ち心地:Apple Magic Keyboard

Apple Magic Keyboard(テンキー付き)- 日本語(JIS) - スペースグレイ

Apple Magic Keyboard(テンキー付き)- 日本語(JIS) – スペースグレイ

15,612円(10/27 15:47時点)
Amazonの情報を掲載しています

Macbookのバタフライキーボードの打ち心地も最高に好きなんですが、このMagic Keyboardの打ち心地はそれを上回ります

打鍵感が気持ちよすぎて、いつまでのキーボードを打っていられます。

Macbook Proのバタフライキーボードも、こちらのMagic Keyboardもストロークが短いので、物足りないという人もいますが、僕はこの薄いキーボードの打鍵感と、静かな音が心地よくて好きです。

スペースグレーを使っていますが、見た目もオシャレで気に入っています。

自宅で作業する際は、テンキー付きのキーボードがなんだかんだ便利なので、キーボードは必須なんですが、見た目もオシャレなMagic KeyboardがMacbook(Air/Pro)には一番だと思います。

Apple Magic Keyboard(テンキー付き)- 日本語(JIS) - スペースグレイ

Apple Magic Keyboard(テンキー付き)- 日本語(JIS) – スペースグレイ

15,612円(10/27 15:47時点)
Amazonの情報を掲載しています

PCスタンド:LAMPO ノートパソコンスタンド

自宅でMacbookを使うときは、ほとんどデスクでモニターを使っているので、Macbookはクラムシェルモードで使っています。

そんなときに便利なのがこのスタンドです。

本体に傷がつかないようにゴムが付いていますし、デスクに直接接する面積が小さくなるので放熱もしやすくなります。

Macbookのデザインに合うアルミニウム製で、デスクのオシャレな印象を崩さないのも嬉しいですね。

外付けのSSD:Transcend USB-C対応 SSD

Macbook本体の内蔵容量を十分に拡張して購入している人は良いのですが、大抵の人は内臓SSDの容量は256GB前後の人が多いのではないでしょうか。

用途にもよりますが、写真や音楽、動画を扱う人を中心に、少し心許ない容量ですよね。

カスタマイズで容量を拡張するよりも、安価に容量を確保できるのが外付けのSSDです。

その中でも特におすすめなのは、TranscendのUSB-C対応のコンパクトSSDです。

重さはたったの33gと非常に軽量・コンパクトで持ち運んでも邪魔にならず、容量も十分に確保できる優れものです!

必要な容量に合わせて、以下の4つの容量が用意されています。

  • 120GB
  • 240GB
  • 480GB
  • 960GB

転送速度も最大520MB/sと文句なしです。

その他にも、Macbookにおすすめの外付けSSDはこちらでまとめて紹介しています↓

最後に

Macbookの持つ機能性をさらに高め、かつオシャレさを損なわない便利なグッズを紹介しました。

スタバでMacbookをカタカタするときに活躍するものから、家で作業をするときの必需品まで、あると本当に便利なものばかりなので、是非手に入れてみてください。

Macbookそのものが持つ圧倒的なUXに加え、便利な周辺グッズを装備し、快適なMacライフを送りましょう!

おわり